バッカナル | BACCHANAL

みんな
こんなの
聴いたことあるんけあって思うわ。

バッカナルのこのアルバムは
独りで12弦ギターをかき鳴らしながら
小ぶりのキック・ドラムと
ハイ・ハットをうち鳴らす、
バッカナルの演奏スタイルが
非常にダイレクトな質感で刻みこまれている。
ライブでは観る者を圧倒するそのスタイルと
酒井が持つ天性のメロディ・センス、
立体的なコンポーズ能力をフル発揮し、
日本民謡もオルタナティヴ・ミュージックも
渾然一体にしてしまった。
Tr-4などはその代表格となる曲で、
世代も時代も越える力を感じさせてくれる。
そしてTr-2、Tr-3など、
アシッド・フォークなぐるぐるサイケ感を
感じさせるナンバーもあれば、
Tr-7のようにハッと胸を打つようなメロディもあり、
そしてどれも共通するのは、
原始的というか根源的な疾走感だ。

ひとりの男が到達して通過して広がった。
風景は無限である。

この音源は、
聴く者の見える風景の意味を変えてくれる作品である。

ま〜色々マジに書いつんたーけど〜お、
福井ちょっとヤッベエんてなって
なっつんたオーパーツ音源のひとつ。

はよ聴けま!!!



※ジャケットイラストは漫画家の福島聡氏によるものです。

[詳細]製作:バッカナル
    品番:INVE-50
    仕様:AUDIO CD

[収録TRACK]
 1. おわら麦や節(富山県民謡)
 2. チューイングガム
 3. レイコ
 4. 朽飯機織り節
 5. どん底
 6. なにものでもない
 7. スーパーバイク
 8. 目をさませ(口をあけてねる2012)

¥ 1,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する